子育て

アレルギーのある赤ちゃんのための豆乳、それは解決策になることができますか? ••

豆乳が牛乳アレルギーの赤ちゃんの答えだと考える親も少なくありません。豆乳には、牛乳にアレルギーのある赤ちゃんのニーズを補完する代替栄養素があると考えられています。

しかし、牛乳アレルギーのある赤ちゃんの成長と発達をサポートするために満たさなければならないさまざまな栄養素があります。ミルク中の栄養素の選択も親が考慮する必要があります。間違った栄養は、牛乳アレルギーの子供たちにそれ自身の健康上のリスクをもたらす可能性があるからです。

アレルギーのある赤ちゃんに適した栄養の選択を認識する

タンパク質は、赤ちゃんの身体的および認知的成長をサポートするための重要な栄養素の1つです。体内に蓄積されたタンパク質は、ホルモン作用、免疫システムの強化、子供の脳の発達のための燃料として使用されます。

牛乳にアレルギーのある乳児のたんぱく質の必要量は、生後から最適に満たす必要があります。牛乳アレルギーの赤ちゃんは、将来の発育を改善するためにタンパク質を必要とします。彼が積極的に探検し、仲間と交流できるように。したがって、タンパク質は私が赤ちゃんの頃から満たされるべき最も重要な部分の1つになります。

ミルクを与える際に、一部の親は自分の赤ちゃんが牛のミルクにアレルギーを持っている可能性があることに気付くかもしれません。間違った栄養を与えると、あなたの子供にアレルギー反応を引き起こす可能性があります。牛乳にアレルギーのある赤ちゃんが経験するアレルギー反応は、体の3つの最も重要な臓器を攻撃します。症状は次のとおりです。

1.肌

  • 頬の赤い発疹と皮膚のひだの赤い発疹
  • 唇の腫れ
  • かゆみを伴う発疹
  • じんましん
  • アトピー性皮膚炎

2.呼吸

  • 咳や喘鳴
  • 鼻詰まり
  • 青い肌への呼吸困難

3.消化

  • 吐き出す
  • ギャグ
  • 腹痛や神経過敏による過剰に泣くなどの疝痛
  • 下痢
  • 血便

この状態では、牛乳アレルギーのある赤ちゃんは、牛乳タンパク質を体内に受け入れることができず、アレルギーを引き起こし、アレルギーの症状の1つを示します。アレルギーは、免疫系を牛乳のタンパク質に反応させます。その他の場合、赤ちゃんの体は牛の乳タンパク質を異物として認識します。

異物と見なされるため、体はアレルギー反応を引き起こすヒスタミンやその他の化合物を分泌します。

乳児用調製粉乳に対するアレルギー反応、これが彼の応急処置です

間違った栄養を選択すると、疝痛の赤ちゃんを引き起こす可能性があります。これに直面したとき、多くの親は応急処置のステップとして何をすべきかについて混乱するかもしれません。アレルギーのある赤ちゃんの豆乳など、他の牛乳に切り替える前に、アレルギーのある赤ちゃんのアレルギー反応を克服するために、実行しなければならない特定の方法があります。

子供のアレルギー症状の管理におけるインドネシア小児科医協会(IDAI)の経営陣によると、それは大量の加水分解粉乳の提供を伴う牛乳製品を含む食品の除去食によるものです。

広範囲に加水分解された調合乳は低アレルギー性です。このミルクは、牛乳のタンパク質が非常に小さな部分に完全に分解されているため、全体として牛乳のタンパク質を消化できない赤ちゃんを支援することができます。そうすれば、あなたの小さな人の体はそのタンパク質をアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)として認識しません。

広範な加水分解フォーミュラは、お子様が経口耐性を達成するのにも役立ちます。経口耐性は、子供が牛乳製品とその派生物の消費に戻ることができる状態です。もちろん、すべての親は子供たちが牛乳製品の消費に戻ることができることを望んでいるので、経口耐性は牛乳アレルギーを持つ子供たちの究極の目標になります。

しかしその前に、すべての親が広範囲の加水分解乳、牛乳管理食、経口耐性について小児科医に相談することをお勧めします。医師が子供の症状をさらに診断し、適切な推奨事項を提供できるようにします。

それで、アレルギーの赤ちゃんのために豆乳または広範囲に加水分解されたミルクを選ぶほうが良いですか?

一部の親は、子供のための牛乳の最良の代替品はアレルギーのある赤ちゃんのための豆乳であると信じています。ただし、最初に以下の豆乳の説明を見てください。

アレルギーのある子供向けの粉ミルクは、牛乳の摂取量に代わる解決策であると考えられています。豆乳にはイソフラボンが含まれています。

その役割は体内のホルモンのようなものであるため、このコンテンツは植物エストロゲンです。さらに、アメリカ小児科学アカデミーによると、豆乳の調合乳は、赤ちゃんのニーズを補完するために調合されたアミノ酸です。

これらのアミノ酸は、子供の栄養をサポートするためにタンパク質や他の成分から形成されています。したがって、粉ミルクはアレルギーのある赤ちゃんの母親の選択であることがよくあります。

両親が知っておくことが重要です、多分何人かの赤ちゃんは豆乳のタンパク質にアレルギーがあります。多くの場合、代替の選択肢ですが、母親は広範囲の加水分解粉ミルクを提供できます。

タンパク質含有量を補うことに加えて、広範な加水分解処方には、ARA(アラキドン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)も含まれています。どちらも、子供の視覚と視覚力、そして短期間の脳の記憶の発達をサポートする脂肪酸です。

赤ちゃんが牛乳粉ミルクにアレルギーの症状を示している場合は、インドネシア小児科医協会(IDAI)の推奨に従って、最初の選択肢として広範囲の加水分解粉ミルクを与えると結論付けることができます。

粉ミルクは、牛乳にアレルギーのある乳児の栄養補給のための別の選択肢でもありますが、6か月未満の乳児には推奨されないことに注意してください。牛乳アレルギーの乳児を治療するための診断と適切な処方の選択については、依然として医師に相談することをお勧めします。

親になった後めまい?

子育てコミュニティに参加して、他の親からの話を見つけてください。あなた一人じゃありません!

‌ ‌