フィットネス

姿勢を改善するための6つの最高のヨガの動き

時間の経過とともに姿勢が悪いと、腰痛を引き起こす可能性があります。さらに、前かがみになった姿勢は、ストレスを感じやすくし、ストレスの影響を悪化させる可能性もあります。そのため、姿勢を改善することが重要です。姿勢が良くないと、人間は心身ともに健康であるとは言えません。

まあ、心配しないでください!以下のさまざまな簡単なヨガの動きは、座ったり、立ったり、横になったりしている間、姿勢を維持しながら、姿勢を修正するのに役立ちます。

姿勢を改善するためのさまざまな簡単なヨガのポーズ

1.山のポーズ

出典:ヨガジャーナル

このヨガの動きは、完全にまっすぐに立つことができるように体を訓練します。

方法:

  1. 足を一緒にさりげなく立っていることから始めます。
  2. 次に、胸を前に押しながら、肩を後ろに引いて落とします。肘を少し曲げ、手のひらを前に向けて、腕を両脇にぶら下げます。
  3. 首を上に伸ばし、目を前に向けて頭をまっすぐに保ちます。背骨が完全にまっすぐになるまで、これを行うときに背中を締めるのを感じてください。
  4. 5〜10回の深呼吸をしながら、この位置をしばらく保持します。

2.橋のポーズ

出典:ヨガジャーナル

橋のポーズも姿勢を良くするための正しい動きです。この動きは背骨をまっすぐにし、強化するのに役立ちますので、前かがみになりません。

方法:

  1. 膝を曲げて仰向けになり、腕を両脇にまっすぐに保ちます。足を床に平らに保つ
  2. 上の写真のように体が傾くように腰を上げながら、深くゆっくりと吸い込みます。
  3. 手を背中の下に引っ掛けながら、腰を宙に浮かせます。肘が曲がったり床から浮き上がったりしないように、まっすぐになっていることを確認してください。
  4. このポーズを3〜4回深呼吸します。次に、腰を下げます。
  5. 2〜5回繰り返します。

3.テーブルトップ

出典:健康

方法:

  1. 仰向けになって膝を曲げます。足の裏はマットまたは床に置いてください。
  2. 深呼吸をして、両手のサポートを使ってゆっくりと体を持ち上げます。上に示すように、手のひらが足に向いていることを確認してください。
  3. 体が上がったらゆっくり息を吐きます。
  4. 背中、腰、腰、お尻をまっすぐにしてください。背骨はできるだけまっすぐにする必要があります
  5. 3〜5回の深呼吸のためにその位置を保持します。
  6. この動きを2〜3回繰り返します。

4.板のポーズ

板は、姿勢を改善するのに役立つようにコアの筋肉を強化することができるヨガの動きの1つです。

方法:

  1. まず、お腹に横になり、後ろに足を伸ばします。
  2. 腕が完全に真っ直ぐになるまで腕を押し上げて、空中で体を持ち上げて支えます。つま先だけがマットに触れていることを確認してください。
  3. 足がまっすぐになるまで、頭、首、背中、お尻を保ちます。
  4. 厚板を30〜60秒間保持します。

5.戦士のポーズ

出典:Arto Living

このヨガの動きは、背骨をまっすぐに保つためにあなたの力を必要とします。ワリロポーズは、背中、腰、肩の筋肉を伸ばすのにも非常に便利です。

方法:

  1. 足を一緒にまっすぐに立つことから始めます。
  2. 左足をできるだけ前に動かし、ゆっくりと体を下げて、前足が上図のように90度の角度に曲がるようにします。腕を背中に合うまでまっすぐ持ち上げます。
  3. 右足を可能な限り後ろにドラッグします。右膝が一直線になっていることを確認してください。
  4. このポーズを20秒間保持し、ゆっくりと体を上げて開始位置に戻します。次に、次の足でそれを行います。

6.上向きの犬

出典:デイリーフォレスト

このポーズは、肩や胸を開いたり、背骨を強化したりするのに非常に便利です。

方法:

  1. 手のひらを腰の床に向けて曲げた状態で、マットの上でお腹に横になります。
  2. 腕をまっすぐにして体を持ち上げます。腕を床に対して垂直に保ち、肩を後ろに引きます。
  3. 上記の位置を2〜4回の深呼吸で保持します。太もも、ひざ、腰を下にしてマットに触れないでください。マットにくっつくのは、手のひら、足の裏、つま先だけです。
  4. マットの上に身を下げ、2〜3回繰り返します。