健康的な睡眠パターン

夜寝られるようにコーヒーの影響を取り除く方法•

毎日質の高い睡眠をとることは非常に重要ですが、特定の習慣が原因でぐっすりと眠ることができないことに気付かない場合があります。そのうちの一つは、午後や夕方にコーヒーを飲む習慣です。一杯のコーヒーは、特にあなたが眠いと感じるとき、おいしいです。ただし、間違った時間にコーヒーを飲むと、睡眠が妨げられる可能性があります。それでは、それをどのように解決するのですか?あなたが下で眠ることができるようにコーヒーの影響を排除する方法の完全な説明をチェックしてください。

コーヒーを飲んだ後に体に起こる影響

眠るためにコーヒーの影響を取り除く方法を理解する前に、コーヒーが体にどのような影響を与えるかを知る必要があります。基本的に、コーヒーは体にプラスまたはマイナスの影響を与える可能性があります。ただし、午後または夕方にコーヒーを飲むと、睡眠に影響を与えるいくつかの影響があります。

1.目を覚まし続ける

夜更かししたり、一晩中起きたりしなければならないとき、コーヒーは実際にあなたが消費できる飲み物の1つです。その理由は、コーヒーに含まれるカフェインが中枢神経系を刺激することでエネルギーを増加させる可能性があるためです。残念ながら、夜にコーヒーを飲むことは実際には体に良くありません。

はい、特にあなたが疲れているとき、コーヒーは確かに認知機能を改善することができます。ただし、この飲み物は睡眠障害を引き起こし、何時間もの睡眠を失う可能性もあります。あなたがそれを経験したくないならば、あなたはあなたが眠ることができるようにコーヒーの影響を取り除く方法を見つける必要があります。

2.不眠症を引き起こします

深刻なレベルでは、午後や夕方にコーヒーを飲みすぎると不眠症を引き起こす可能性があります。この状態は、夜に目を覚まし続けるだけではありません。ただし、疲れて眠くても眠れません。実際、夜中に目が覚めることがよくあります。

それだけでなく、カフェインを過剰に摂取して夜に目を覚まし続けることは、睡眠時間を減らし、睡眠の質を低下させる可能性もあります。また、不安やストレス障害など、睡眠不足から生じるさまざまな精神障害を経験することもあります。

したがって、睡眠障害を経験しないためには、夜によく眠れるようにコーヒーの影響を排除する方法を見つける必要があります。

コーヒーの効果はどのくらい体に持続しますか?

実際、コーヒーを飲むことには何の問題もありません。ただし、コーヒーの味は良いですが、睡眠を妨げないようにコーヒーを飲む規則に注​​意を払う必要があります。カフェインが多すぎるので、コーヒーを飲むのに最適な時期を検討する必要があります。

あなたが適切な時期にそれを消費するならば、あなたは眠るためにコーヒーの影響を取り除く方法を探すことをわざわざする必要がないかもしれません。これは、眠気を解消するカフェインの効果が約4時間しか持続しないためです。

つまり、夜9時か10時に寝ても、午後5時までコーヒーを飲むことができ、睡眠を妨げることはありません。それでも、体がカフェインを消化するのに時間がかかるため、カフェインの効果をより長く感じる人もいます。この状況では、人は午後または夕方にコーヒーを避ける必要があります。

あなたがよく眠れるようにコーヒーの影響を取り除く方法

よりよく眠るために、あなたはコーヒーの影響を排除するために以下の方法のいくつかに従う必要があります、すなわち:

1.朝または午後にコーヒーを飲む

あなたがコーヒー愛好家であるか、エネルギーを増やして集中力を向上させるためにコーヒーを飲む必要がある場合は、朝または午後にコーヒーを飲んでください。あなたがコーヒーから得るプラスの利益は約4時間続くことができます。これは、この時間にコーヒーを飲むことは夜のあなたの睡眠を妨げないことを意味します。

就寝時刻の少なくとも8〜10時間前にコーヒーを飲むようにしてください。この方法は確かにあなたが眠るためにコーヒーの影響を排除することをわざわざする必要はありません。その理由は、これらの効果は時間の経過とともに自然に消えていくからです。その結果、コーヒーを飲んでも夜はぐっすり眠れます。

2.もっと水を飲む

コーヒーを飲む場合、この飲み物の効果を取り除き、夜眠れるようにするための最良の方法は、ミネラルウォーターの摂取量を増やすことです。その理由は、Sleep Advisorによると、体が脱水状態または脱水状態になると、コーヒーの効果が高まるとのことです。

したがって、脱水症状を防ぎ、コーヒーの影響を減らすために水を飲む必要があります。それだけでなく、大量の水を飲むと、体からこの水分を取り除くプロセスがスピードアップします。そうすれば、この飲み物の効果もすぐに消えます。

3.消費するコーヒーの量を制限します

時が来ればコーヒーを飲んでも問題はないのは事実です。しかし、あなたの注意が必要なのはそれを消費する時だけではありません。このカフェイン入りの飲み物を飲むときは、体がコーヒーを飲む能力も知っておく必要があります。

つまり、1日にどれだけのコーヒーを飲むべきかを理解する必要があります。その理由は、コーヒーを多く飲むほど、この飲み物の体内への影響を排除することが難しくなり、睡眠が困難になるためです。

4.運動を増やす

運動は体に多くの健康効果をもたらします。そのうちの1つ、このアクティビティは、眠るためにコーヒーの影響を排除する方法になる可能性があります。どうしてそうなの?あなたの体が動くとき、体内の代謝プロセスはより速くなります。

これにより、体内のコーヒー代謝プロセスが速くなります。その結果、これらのカフェイン入り飲料の効果はより早く消えます。そうすれば、体が健康になり、コーヒーを飲んでも夜はぐっすりと眠ることができます。