健康的な睡眠パターン

良い睡眠、健康への原因と影響は何ですか? ••

深い眠りの習慣を持っている人も少なくありません。しかし、睡眠中に口を開ける習慣がある人は、通常、まったく気づいていません。口を開けて寝ることの効果のひとつは、恥ずかしさを感じることです。特に、電車やバスなどの公共の場所で眠りについたときにこれが起こった場合。

しかし、その効果はそれだけではありません。健康に悪影響を与えるいくつかの影響があります。それで、原因と結果は何ですか?さあ、以下の答えを見つけてください。

睡眠不足のさまざまな原因を認識する

人生で少なくとも一度は、口を開けて寝ていたに違いありません。しかし、それを絶えず経験し、制御するのが難しい人もいます。眠っているときのことを思い出すと、体の動きを制御することはできません。その1つは、口が開いているときです。

一般的に、深い睡眠はあなたの睡眠位置が完全に正しくないために起こります。たとえば、頭を後ろに向けて座った状態で寝ると、口が開く可能性が非常に高くなります。そのため、ほとんどの人は車で寝ているときにこれを経験します。

それだけでなく、睡眠位置とは別に、あえぎ口の原因もあります。

1.アレルギー

誰かがアレルギーを持っているとき、その人は呼吸器系の問題を経験します。通常の状況では、鼻から呼吸しますが、アレルギーが発生すると、呼吸のための鼻腔が乱されます。

酸素の不足を避けるために、体は自動的に口を開き、空気が体に入るようにします。そのため、アレルギー症状が出たときによく眠れます。

2.鼻づまり

アレルギーに加えて、インフルエンザ、風邪、または副鼻腔炎(副鼻腔の炎症)を患っている人にも気道の閉塞が起こります。この安堵しない息は、彼らが眠りに落ちるとき、彼らを無意識のうちに口を開けさせます。

3.睡眠時無呼吸

息切れのもう1つの原因は、睡眠時無呼吸です。この睡眠障害により、人は睡眠中に数秒間呼吸を停止します。睡眠時無呼吸の人は通常、睡眠中のいびきなどの特別な特徴を示します。いびきをかくと、口の状態が開いてしまう可能性があります。

4.鼻の構造の問題

睡眠中に鼻や口から呼吸することは、一部の人にとっては習慣になるかもしれません。特に、鼻中隔弯曲や鼻甲介や鼻甲介の肥大など、鼻の構造に問題がある人。

睡眠中のマンガップが健康に及ぼす悪影響

些細なことのように見えますが、口を開けて寝ると、実際には健康に悪影響を与える可能性があります。この影響は軽度の場合もありますが、根本的な原因によっては重度の場合もあります。

深い睡眠はあなたをよだれさせる可能性が非常に高いです。その理由は、口を開けると唾液が口から出やすくなるからです。さらに、口を開けたまま寝ると、次のような影響が生じる可能性があります。

1.口渇と喉の状態

口を開けたまま寝ることの最も一般的な影響の1つは、翌日口渇(口内乾燥症)を経験することです。これは、口が開いていると、口と気道の内側を覆う軟組織からの水分の蒸発が非常に速く発生するためです。

口の内外への空気の動きと相まって、口や喉が乾燥する可能性が非常に高くなります。この状態はまたあなたに朝の嗄声を経験させるかもしれません。

2.口臭の問題

目を覚ますと、口が臭くなります。ただし、口を開けて寝ると、この状態はさらに悪化します。はい、この睡眠習慣は汚れた空気が口に入る機会を提供します。

このろ過されていない空気は、細菌が口の中で成長しやすくします。この状態は、口内の細菌でいっぱいになり、口臭や口臭を引き起こす可能性が非常に高くなります。

3.歯に問題があるリスクがある

継続して発生する深い睡眠の習慣は、口渇状態をさらに持続させます。アメリカ歯科医師会によると、長期の口渇状態は、歯の支持組織(歯周病)や虫歯の感染などの合併症を引き起こす可能性があります。

悪い睡眠習慣の悪影響を経験しないように、原因を突き止めてみてください。睡眠姿勢に関しては、睡眠姿勢を改善してください。ただし、それが特定の健康上の問題につながる場合は、適切な治療を受けるために医師に相談することを躊躇しないでください。