健康的な睡眠パターン

睡眠障害だけでなく、不眠症の5つの症状•

不眠症は、眠りにつくのが難しい、またはよく眠れない状態です。多くの人が不眠症を経験しますが、気づいていません。したがって、不眠症の原因を理解することに加えて、それらを克服する方法を見つけるために不眠症の兆候と症状を認識することが重要です。以下の答えを見つけてください。

睡眠障害以外の不眠症の兆候と症状

睡眠障害は、連続しているかどうかにかかわらず、週に3日以上発生した場合、不眠症と見なされます。まあ、それに伴ういくつかの兆候や症状があり、あなたは注意を払う必要があります。それらのいくつかは次のとおりです。

1.日中の疲労感

睡眠不足のために夜に十分な休息をとらないと、日中は体が非常に疲れてしまう可能性があります。それだけでなく、それを経験すると、はっきりと考えることが難しくなり、良い決断を下し、怒りやすくなります。

これらの症状を経験した場合は、不眠症を経験している可能性があります。これらの条件によって移動中の生産性が低下するかどうかは言うまでもありません。通常、これは仕事を最適ではなくし、事故を起こすリスクが高くなります。

たとえば、バランスを適切に保つことができないため、作業中、運転中、または階段から落ちているときに眠くなることがあります。はい、これらのことはあなたが疲れすぎてあなたがしている活動に完全に集中することができないときに起こるかもしれません。

2.眠いのに、夜は眠れない

日中に疲れたときは、夜はもっと早く眠れたらいいのにと思います。しかし残念ながら、不眠​​症の症状は日中だけでなく夜にも現れます。不眠症のときは、体が疲れていても眠れません。

あなたが眠い場合でも、不眠症はあなたを一晩中起き続けることができます。したがって、それを克服できるようにするために、最初にあなたの不眠症の原因を見つけてください。

不眠症は、日中に体が疲れていると感じさせます。この状態はあなたが夜によりよくまたはより長く眠ることを期待させます。しかし、夜寝るのはまだ難しいです。どうして?その理由は、正確な原因がわからなくても不眠症は治まらないからです。

3.夜中に目が覚め、眠りにつくことができなかった

不眠症から注意する必要があるもう1つの症状は、深夜に頻繁に目覚めることです。実際、あなたはおしっこをしたいと思って目を覚まし、トイレに行くかもしれません。しかし、驚いて息を切らして目を覚ますと、これは不眠症の兆候である可能性があります。

また、深夜に目覚めた後は、眠りにつくことが難しくなります。まるで眠気が消えたようで、一晩中起きています。実際、何度も眠ろうとしても、眠りに戻ることはできません。

その場合は、医師に相談することをお勧めします。あなたの医者はあなたがあなたの不眠症の原因を見つけて、状態を治療するために適切な治療を受けるのを手伝うことができます。

4.よく眠れない

National Health Security、National Health Securityによると、不眠症の他の症状の1つは、よく眠れないことです。つまり、普通に眠ることができますが、睡眠中は理由もなく何度も何度も目を覚まします。

これにより、よく眠れないことを考えると、睡眠の質が低下します。それだけでなく、不眠症はあなたがいつもより早く目覚めたときにも起こる可能性があります。しかし、眠りに戻りたいときは、眠気がなくなります。

5.睡眠を妨げるその他の症状

夜、あなたの心は仕事や他のルーチンから解放されます。活動の欠如は、あなたを再び不安にさせたり、未解決の問題について回想させたり、あなたを不安にさせる否定的な考えを引き起こしたりする可能性があります。これらはすべて、睡眠の質を妨げる可能性があります。

メンタルヘルスの低下に加えて、睡眠を困難にする症状を引き起こす病気もあります。例えば、 睡眠時無呼吸 (睡眠中の短い呼吸)、睡眠中に脚または体を動かし続けます(不穏下肢症候群)、またはおしっこしたいのでバスルームに行ったり来たり。