妊娠

なぜ妊婦は仰向けに寝られないのですか? -

妊娠中に快適な睡眠姿勢を決めるのに問題がありますか?さらに、疲れているとき、妊娠中の女性は本当に質の高い睡眠を必要とします。ただし、妊娠中の母親が仰向けに寝ることに慣れている場合は注意が必要です。この位置は推奨されないためです。では、なぜ妊婦は仰向けに寝られないのでしょうか。最初にここで完全な説明をチェックしてください、さあ、奥様!

妊娠中の女性は仰向けに寝ることができますか?

妊娠中、母親は快適に感じるために良い睡眠位置を見つけようとするのが一般的です。

さらに、母親は通常、妊娠中に問題や不満を経験し、それが不快感や睡眠障害を助長します。

胃の肥大によって妨げられないので、仰向けに寝ることは快適に感じるかもしれません。

しかし、母親は仰向けに寝ることを避けるべきだという意見もあります。実は、なぜ妊婦は仰向けに寝られないのでしょうか?

妊娠出産からの引用で、ベイビーは妊娠後期には仰向けに寝ることを避けるべきだと説明しました。

これは、妊娠後期に仰向けに寝ることができるからです。 主要な血管に圧力をかけます。

したがって、これにより子宮への血流の生成が減少し、赤ちゃんの酸素供給が制限される可能性があります。

それだけでなく、妊娠中の女性が仰向けに寝る危険性もあります。

  • 背中の痛みがある。
  • 呼吸困難。
  • 消化器系の問題。
  • 痔核には便秘があります。
  • 低血圧です。

仰向けに寝ることもリスクを高める可能性があります 死産

妊娠中の女性が仰向けに寝るもう1つの危険は、 死産 または赤ちゃんは死んで生まれます。

Tommy'sが実施した調査によると、妊娠28週間後、仰向けに寝ると症状のリスクが高まる可能性があります。 死産.

実は、母親が仰向けに寝ているときの胎児の位置は、心配するような位置ではありません。

しかし、母親が妊娠後期に仰向けに寝ると、赤ちゃんと子宮の合計重量が体の他の臓器に圧力をかける可能性があります。

したがって、何が起こるかというと、血液と酸素の流れが遮断され、母親と胎児に害を及ぼす可能性があります。

次に、妊娠中の女性が仰向けに寝るもう1つの危険は、赤ちゃんの活動が鈍くなり、心拍数パターンが変化することです。これは、入ってくる酸素のレベルが低いためです。

しかし、妊婦はあまり心配する必要はありません。また、母親を考えると、反射神経であり意図的ではないため、睡眠中に位置を調整することはできません。

研究は、眠りについた後の夜の妊娠中の背中の寝姿勢ではなく、寝るときの姿勢に焦点を合わせました。

ただし、母親が目を覚まし、寝姿勢が仰向けになっていることに気づいたら、直接お勧めの寝姿勢に変えてください。

また、仰臥位で寝ていると、赤ちゃんがお腹の中で動くことで母親が目を覚まし、寝姿勢を変える可能性もあります。

妊娠中の女性に推奨される睡眠位置は何ですか?

一部の医師は妊婦にアドバイスします 左に横向きに寝ます。 これは、子宮が肝臓に圧力をかけないようにし、血液供給を改善するために行われます。

母親が左側で寝ているのにいつも後ろの位置に戻る場合は、枕で背中を支えてみてください。

そのため、体位を変えるときは、枕で体を拘束し、完全に仰臥位にならないようにします。

仰向けに寝るのにどれくらいの時間がかかるかは定かではありませんが、子宮内で発生する可能性のある影響や危険を防ぐために害を及ぼすことはありません。

母親はさらに医師に相談して、妊娠の合併症を避けるための最善の推奨事項を得ることができます。