フィットネス

けがをしないように正しい走り方をするにはどうすればいいですか?

さあ、体の反対側に腕を組んで振りながら走るのに慣れているのは誰ですか?この走り方は、腕に非常に多くのエネルギーを集中させるため、実際には正しくありません。その結果、あなたの体はあなたの腰をあなたの走っている足の動きに逆らって動かすように強制します。カタパルトの代わりに、あなたが前進するのではなく、あなたが実際にたった1、2キロ走るのに飽き飽きしているものです。気をつけろ。間違った方法で走ると、重傷を負う可能性があります。

間違った走り方は骨折を引き起こす可能性があります

ランニングで最も深刻な間違いの1つは、かかとで地面にぶつかることです。これは中足骨に過度の圧力をかけ、骨折を引き起こします。ツミールに着地すると、膝の軟骨にも深刻な損傷を与えます。

長距離走中にヒールランディングを使用するランナーは、大腿骨を損傷するリスクを冒す可能性があります。この姿勢は下肢と足首への圧力を高め、これらの領域に痛みを引き起こします。衝撃が腰から広がる可能性があるため、痛みは背中に広がる可能性があります。さらに、かかとは全身の体重を支えるように設計されていないため、時間の経過とともにかかとに着地すると、かかとの腱がすり減り、慢性的な痛みや組織の損傷を引き起こす可能性があります。

また、前足の裏で直接「ブレーキ」をかけないでください。下腿の怪我のリスクがあるため、このランニング方法も適切ではありません。さらに、この姿勢では、前方に移動できるように追加のプッシュが必要です。その結果、このようなランニング方法では、腰、骨盤、腰に慢性的な痛みが生じる可能性があります。

かかとと前足のどちらのランニング方法が良いですか?

かかとに着地する場合と比較して、ランニング中に足の前に着地する方がはるかに見栄えがします。前傾姿勢は、体の重心を足の前に置き、バネ機構を容易にします。

しかし、それでも距離に注意を払う必要があります。なぜなら、ランニングするときは、腰、膝、足が常に体重を支えなければならないからです。足の裏と表面の接触は非常に短くする必要があります。したがって、10 kmを超える距離を走ると、つま先が体重を継続的に保持するのに十分な強度がなくなります。かかとが着地しないようにすると、ふくらはぎとアキレス腱に大きな圧力がかかり、怪我をする可能性があります。

だから、実行するための最良の方法は何ですか?これはすべて、実際には実行時の状況と条件によって異なります。かかとまたは足の前部に着地することも同様に危険です。ただし、プロのランナーの75%近くが、ランニング時にかかとを使って着地します。前足に着地したランナーは、最初の4つのポジションでフィニッシュしません。

走った後はまっすぐ座ってはいけません

過酷なランニングセッションの後、あなたの本能は通常、座って休むことです。しかし、激しい運動の直後に座っていると、実際には健康に害があります。あなたが走っている間、心臓は血液を送り続けます、それで血流は増加します。歩いたり、筋肉を伸ばしたりして、血液の流れをスムーズに保つ必要があります。動きを止めると、筋肉が硬くなる可能性があります。筋肉痛は、次の数日間あなたを悩ませます。

ランニング後のすべての痛みが悪いわけではありません

あなたが最初に走り始めたとき、痛みは正常です。しかし、あなたの体は数回先に走った後に回復するはずです。

筋肉痛が治まらない場合、または体の一部にまだ痛みがあり、それが治まらない場合は、ランニングテクニックに問題があるはずです。あなたはあなたのランニングテクニックを改善する必要があるでしょう、そしておそらくそれ以上の怪我を避けるためにコーチを見つけることもできるでしょう。

こんにちは健康グループ 医学的アドバイス、診断、または治療を提供しません。