歯と口

私の子供はまだ小さいです、私は歯を抜いてもらうことができますか?

あなたの子供の歯は時間の経過とともに自然に抜け落ちます。抜け落ちた歯は赤ちゃんの歯と呼ばれ、永久歯に置き換わります。乳児の歯は通常、永久歯が成長しようとしているときに緩み始めます。しかし、時にはあなたの子供が抜歯をしなければならないいくつかのことがあります。子供は何歳で歯を抜くことができますか?

子供はいつ歯を抜くことができますか?

一般的に、小学生の頃、子供たちは赤ちゃんの歯や赤ちゃんの歯を失い、永久歯が歯茎から出てくるまで歯は動きません。

赤ちゃんの赤ちゃんの歯は通常、上顎切歯と下顎切歯から始めて、6〜7歳で揺れ始めます。 1年後、7〜8歳頃に犬歯が脱落し始めます。最後に、大臼歯は約9-12歳で脱落し始めます。ただし、すべての子供が同じ年齢で乳歯から永久歯への移行を経験するわけではありません。

赤ちゃんの歯が緩み始めた場合、つまり赤ちゃんの歯が抜けそうな場合は、できるだけ長く口の中に入れておくのが最善です。赤ちゃんの歯が自然に抜けるようにします。赤ちゃんの歯の抜歯が早すぎると、他の歯の問題が発生します。

赤ちゃんの歯がそこにない場合、隣接する歯は欠けている歯のスペースをカバーするためにシフトします。これにより、新しい歯が本来あるべき場所に移動します。最終的に、歯は混乱に成長します。

ただし、場合によっては、永久歯が出現する準備が整う前に、子供を歯科医に連れて行って歯を抜く必要があります。通常、子供の歯の問題が原因です。子供が歯を抜く可能性がある最も一般的な理由のいくつかは次のとおりです。

  • 詰め物や根管では修復できない重度の虫歯
  • 顎の形の発達に影響を与える可能性のある乱雑な歯
  • ひびが入った、または壊れた歯
  • デンタルケアを利用する

ほとんどの小児歯科医は、他の治療オプションが機能しない場合の最後の手段として抜歯を推奨するだけです。抜歯が速すぎると、お子さんの発話、咀嚼、発達上の問題を引き起こす可能性があります。したがって、可能であれば、他のオプションについて歯科医に相談してください。