目の健康

瞳孔が正常に拡張していない場合の散瞳|

散瞳とは何ですか?

散瞳は、目の瞳孔が異常に拡張している状態です。この瞳孔拡張は、両眼または片眼で発生する可能性があります。

片方の眼にのみ発生する場合、瞳孔散瞳は瞳孔不同としても知られています。

ご存知かもしれませんが、瞳孔は眼球の中心にある暗い円です。

通常の状態では、目の瞳孔は薄暗い状態で拡張し、より多くの光を捕らえます。

逆に、目の瞳孔は明るい光の条件で縮小します。ただし、散瞳の瞳孔拡張は、光強度の変化の影響を受けません。

光の強度が減少しなくても、また光の強度が増加しても、目の瞳孔は拡張したままです。

この状態は、目の損傷、生物学的要因、特定の薬の服用など、いくつかの原因によって引き起こされる可能性があります。

一般的に、散瞳は深刻な視覚障害を示す状態ではありません。

目の瞳孔の拡張は、比較的短時間で自然に消えることさえあります。

多くの人は、わずかに異なる2つの瞳孔サイズで生まれます。これは、光に順応するときに瞳孔の拡張に影響を与えます。

ただし、この状態に伴う他の症状がある場合は、それらに注意する必要があります。