妊娠

飛行機に搭乗する妊婦、はいまたはいいえ、はい? -

妊娠中の女性は飛行機で旅行したいですか?安全率の関係で、妊娠中は航空輸送を利用して旅行することに躊躇することがあります。詳細については、以下は妊婦が飛行機に搭乗するための規則の完全な説明です。在胎週数から条件まで。

妊娠中の女性が飛行機に乗るのは安全ですか?

NHSからの引用によると、妊娠中の女性は、旅行保険に加入し、予防接種で身を守る限り、飛行機で安全に旅行できます。

特に特定の病気のある地域や国に旅行するとき。

旅行する前に、最寄りの病院を知っているか、連絡を取る必要があります。母親が特定の医療を必要とする場合、これは非常に重要です。

また、予防措置として、使用する旅行保険が早産のケアを受けていることを確認してください。

妊娠中の女性は何歳で飛ぶことができますか?

メイヨークリニックからの引用によると、飛行機で旅行する理想的な時期は妊娠36週前です。

正確には、妊娠後期に入ると、妊娠の約20〜27週間になります。

双子を産む妊婦にとって、最も理想的な時期は在胎週数が32週前であるときです。

妊娠後期の旅行は、より疲れて不快になる傾向があります。これは、お腹の成長に加えて、突然出産することへの恐れが原因です。

一方、妊娠中の女性も、妊娠初期に飛行機に搭乗するときに不快感を覚えます。吐き気、嘔吐、つわりを頻繁に経験する胃の状態が最大の障害です。

さらに、妊娠中に飛行機で旅行すると、流産しやすくなります。

「妊娠が健康で妊娠の合併症がない場合でも、妊娠中の旅行は非常に安全です」と、ベッドフォード病院の産婦人科医であるサラ・レイノルズは述べています。

妊娠中の女性が飛行機に搭乗できるようにするための要件

深刻な妊娠の問題や合併症がない限り、飛行機で旅行しても胎児に害はありません。

それでも、妊娠中の女性が飛行機に乗っている間安全を保つために、次のようないくつかの条件に注意を払う必要があります。

航空会社の規制に注意してください

航空会社ごとに、妊婦の年齢制限に関する規則が異なります。

ただし、NHSからの引用によると、平均的な航空会社は、母親が妊娠28週以上で飛行している場合、医師に証明書を要求します。

診断書には、妊娠中の女性が合併症なく健康であるという記述が含まれており、期日(HPL)を確認します。

深部静脈血栓症(DVT)のリスクを減らすために医師に確認してください

Royal College of Obstetricians&Gynecologistsから引用された深部静脈血栓症(DVT)は、脚または骨盤に形成される血餅です。

飛行機に搭乗しようとしている妊婦は、途中で長時間座っているため、DVTを発症するリスクが高くなります。特に4時間以上旅行する場合。

ただし、妊娠中の女性が太りすぎの場合は、ヘパリン注射を行うことをお勧めします。 4時間以上旅行しなくても。

これらの注射は血液を薄くし、DVTの予防に役立ちます。注射は飛行前と旅行中に行われます。

注射器を機内に持ち込むため、医師が安全のための証明書を処方して提供します。

予防接種をお勧めします

病気になりやすい地域に旅行する場合は、妊婦への予防接種をお勧めします。

一部の種類のワクチンは、胎児に害を及ぼす可能性があるため、妊娠中の女性には推奨されません。

ただし、破傷風トキソイド(TT)、A型肝炎、B型肝炎など、妊婦に接種できるワクチンの種類があります。

あなたの健康状態と訪問先に合ったワクチンを入手するには、医師に相談してください。

食物摂取に注意を払う

旅行中は、妊娠中の女性や胎児の健康を適切に維持するために、食べる食べ物に注意を払う必要があります。

豆、ブロッコリー、キャベツなど、ガス含有量の高い食品を食べることは避けてください。これらの食品は、妊娠中の女性の下痢まで、胃を不快に、満腹にする可能性があります。

旅行中は、バナナ、ドラゴンフルーツ、リンゴ、アボカドなどの新鮮な果物を食べることをお勧めします。

妊娠中の女性が飛行機に乗るときは、たくさんの水を飲むことを忘れないでください。頻尿の効果はありますが、脱水症状よりはましです。

通路側の座席を選択してください

飛行機に長時間座っていると、妊婦の足のむくみを引き起こす可能性があります。通路を歩いているときに乗り降りしやすいように、通路の端にある座席を選択することをお勧めします。

通路を歩くと、妊娠中の女性が足を伸ばし、血液循環をよりスムーズにするのに役立ちます。

妊娠は飛行機で旅行を続けることができます。妊娠中の女性が飛行機に搭乗するのは安全ですが、それでもあなたはあなたの状態とあなたの赤ちゃんの状態をチェックするために医者に相談しなければなりません。