栄養

肝疾患のある人のための健康的な食事ガイド•

肝疾患のある患者さんにとって、肝機能を助けるには、栄養とバランスの取れた食事をとることが重要です。そのため、肝疾患のある患者は、より深刻な肝障害を防ぐために特別な食事療法を受ける必要があります。ここで肝疾患の食事療法を導く方法をチェックしてください。

肝疾患ダイエットガイド

肝疾患の患者さんのための特別食は、肝臓の負担と臓器の脂肪層の厚さを減らすことを目的としています。

肝臓病を発症するリスクを減らすために食事をしているときに考慮すべきいくつかの事柄があります。

1.高炭水化物食品を食べる

肝疾患のために特別な食事をするときにしなければならないことの1つは、炭水化物を多く含む食品を食べることです。

それでも、炭水化物だけを選ぶべきではありません。砂糖などの単純な炭水化物の代わりに、繊維などの複雑な炭水化物を増やすようにしてください。

ほら、甘い食べ物を食べすぎると、肝臓で食べ物を脂肪に加工するプロセスがスピードアップする可能性があります。

一方、繊維はグリセミック指数が低く、消化が遅いため、より安全な選択です。

肝臓の健康に良い繊維質の食品もいくつかあります。

  • 全粒粉パンまたはパスタ、
  • キノア、
  • 赤米、
  • オートミール、ダン
  • 果物と野菜。

2.十分な毎日のタンパク質の必要性

炭水化物の摂取量を増やすことに加えて、肝疾患の患者は実際に彼らの毎日のタンパク質の必要性を満たす必要があります。

たとえば、肝硬変の患者は、タンパク質のニーズを満たすために強く推奨されます。

これは、肝硬変が肝機能にさらに深刻な損傷をもたらし、体液貯留などの多くの合併症を引き起こす可能性があるためです。

医師や栄養士は通常、肝機能を助けるためにエネルギーとタンパク質が豊富な食事療法に従うことをお勧めします。

ただし、次のように、脂肪を多く含まない健康的なタンパク質源を選択するようにしてください。

  • 魚、
  • マメ科植物、ナッツ、種子、
  • ヨーグルト、
  • 減塩チーズ、
  • オリーブ、ヒマワリ、カノーラなどの植物油、および
  • ミルクとその加工製品。

3.脂肪摂取を制限する

実際、脂肪分の多い食べ物を食べても問題はありません。実際、肝臓でのタンパク質分解を防ぐために、肝臓病の食事に含まれる健康的な脂肪が推奨されています。

それでも、脂肪が多すぎると、特に損傷している場合は、肝機能に悪影響を及ぼします。

そのため、肝臓の健康を維持するために、次のような良質の脂肪を含む食品を選択する必要があります。

  • 鮭、マグロ、ニシンなどの脂っこい魚、
  • 植物油、
  • クルミやアーモンドなどのナッツ、
  • オリーブ、
  • ほうれん草やブロッコリーなどの濃い緑色の葉野菜、
  • アボカド、ダン
  • ミルク。

間違った料理は実際に肝臓に脂肪が蓄積する可能性があるため、料理の仕方に注意を払うことを忘れないでください。

ココナッツオイルで焼いたり、焼いたり、揚げたりする食品の消費を制限するようにしてください。その理由は、この方法は食品に脂肪を加える可能性があるからです。

4.果物と野菜の消費を増やす

果物や野菜の摂取が肝機能を含む体に有益であることは周知の事実です。

しかし、果物や野菜には高繊維と抗酸化物質が含まれています。どちらも確かにあなたの肝臓に良いです。

たとえば、レモンやライムなどの柑橘系の果物には、クエン酸、カリウム、ビタミンCが豊富に含まれています。

これらの栄養素は、エネルギーを増やし、肝臓を解毒し、炎症を軽減するのに役立ちます。実際、柑橘系の果物に含まれるフラボノイドは、肝臓を損傷から保護するのに役立つと考えられています。

柑橘系の果物に加えて、肝臓病の食事療法で使用できる他の種類の果物や野菜は次のとおりです。

  • ザボン、
  • 芽キャベツ、
  • ブロッコリ、
  • カリフラワー、
  • ほうれん草、
  • からし菜、ダン
  • ブルーベリーやクランベリーなどのベリー。

5.塩分が多すぎないようにします

肝疾患がある場合は、塩分摂取量を定期的に減らす必要があるかもしれません。これは1日あたり1500ミリグラム未満です。

これは、肝機能が正常に機能していないために体が水分を保持しすぎないようにするためです。その理由は、体液の蓄積が腫れを引き起こす可能性があるためです。

減塩食の詳細については、医師にご相談ください。一方、次のような高塩分を含む食品を制限するようにしてください。

  • 食卓塩、
  • ベーコン、ソーセージ、コンビーフ、
  • 缶詰とすぐに食べられる野菜のスープ、
  • 冷凍食品とパッケージスナック、
  • 醤油と加工ソース、そして
  • パッケージスープ。

6.飲酒をやめる

アルコール摂取により脂肪肝を経験した場合は、飲酒をやめるべきです。

肝臓は、独立して再生することができる消化器官です。ただし、肝臓がアルコールをろ過するたびに、一部の肝臓細胞は死にます。

肝臓は新しい細胞を発達させることができますが、継続的なアルコール乱用はその再生能力を低下させる可能性があります。これは確かに深刻で永続的な肝臓の損傷を引き起こす可能性があります。

したがって、特別な食事療法を受けているとき、アルコールをやめることは肝疾患患者にとって最良の方法です。

7.ビタミンDサプリメントを摂る

一般的に、肝疾患の患者はビタミンDが不足しています。肝疾患のさらなる合併症を防ぐために、ビタミンDサプリメントを服用することをお勧めします。

さらに、次のようなビタミンDが豊富な食品を日光浴したり食べたりすることで、ビタミンDのニーズを満たすことができます。

  • 脂肪の多い魚、
  • 魚油、
  • 卵黄、
  • 牛レバー、そして
  • 型。

ビタミンDだけでなく、肝臓病があっても体の機能がうまく機能するように、他の栄養ニーズを満たすようにしてください。

さらに質問がある場合は、肝臓病の食事療法に関する正しい解決策を得るために医師または栄養士と話し合ってください。