フィットネス

ランニング後のクールダウン:怪我のリスクを回避するための6つの動き

実行後にしてはいけないことがいくつかあります。 1つは、まっすぐ家に帰って冷却段階をスキップすることです。実際、ある種のストレッチを数分間行うのに少し時間をかけると、筋肉を強化し、柔軟性を高め、怪我のリスクを回避するのに役立ちます。走った後、涼むのにかかる少しの時間は大いに役立ちます。

ストレッチとウォーキングは、ランニング後のクールダウンの最も一般的な2つのタイプです。ただし、実行できる実行後のクールダウンには他にも多くの種類があります。なんでも?

実行後のさまざまなタイプのクールダウン

1.ふくらはぎのストレッチ

右足を前に、左足を後ろに向けてまっすぐに立ち、背中をまっすぐにします。両足が完全に接地され、まっすぐで、前を向いていることを確認してください。次に、右前脚をゆっくりと曲げ、体を少し下げます。左足の後ろふくらはぎが引っ張られているのを感じるはずです。これを各脚に対して15秒間行います。

2.ハムストリングストレッチ

右足を前に、左足を後ろに置いたままですが、今回は右足をまっすぐにし、左足を曲げたままにします。手を腰に当て、かかとだけが踏むように右足の前を持ち上げます。左足を曲げた状態で、胴体を右足に向かって少し曲げます。ハムストリングのストレッチ中は背中をまっすぐに保ち、各脚で15秒間これを行うことを忘れないでください。

3.バタフライ

このストレッチは簡単です。あなたがする必要があるのは、床に座って、足を内側に曲げて、足が互いに向き合うようにすることです(あぐらをかいて座っているかのように)。次に、体をゆっくりと前に曲げて強度を上げます。この位置を30秒間保持します。

4.頭から膝まで

このストレッチはランナーの間で非常に一般的です。右足を内側に曲げ、左足をまっすぐにして座ります。右足の裏を左足の太ももに押​​し込み、頭が膝に触れるまで体を左足に向けて曲げます。肩を表面と平行に保ちます。この位置を30秒間保持し、脚を切り替えます。

5.太もものストレッチ

まっすぐ立ってください。手を使って、右足を臀部に向かって引き戻します。右太ももの前が引っ張られているのを感じます。体のバランスを保ち、何もつかまないようにしてください。この位置を15秒間保持してから、脚を切り替えます。

6.低ランジストレッチ

右膝を地面に置き、左足をまっすぐ前に置きます。両手を表面に置き、約90度前に曲げます。体を押してその位置を60秒間保持し、脚を切り替えます。

クールダウンする前に覚えておくべきこと

ランニング後にクールダウンするときの一般的な経験則は、ストレッチしながら深く定期的に呼吸することです。ストレッチは痛みを和らげ、怪我を防ぎ、痛みを和らげるのに役立つため、これらの動きをしている間は痛みを感じることはありません。クールダウン中に痛みを感じる場合は、医師の診察を受けることを検討してください。

こんにちは健康グループ 医学的アドバイス、診断、または治療を提供しません。