栄養

知っておくべきこと、これは良い新鮮な野菜を選ぶ方法です|

野菜は、体の健康に有益なビタミンやミネラルの供給源です。ただし、野菜の良さは通常、野菜を新鮮に加工した方が最適です。そのためには、新鮮な野菜の選び方を知ることが重要です。

新鮮な野菜の選び方

野菜を育てるのは、自然な鮮度を得るための最も簡単な方法の1つです。しかし、庭に行く時間のある人は多くありません。

したがって、野菜にはさまざまな種類があるため、市場での買い物が最も人気のある選択肢です。

それでも、新鮮な野菜を選ぶときは、以下の多くのことに注意を払う必要があります。

1.色に注意してください

新鮮な野菜を選ぶときに考慮すべきことの1つは色です。

採れたての野菜は明るく、色も黒点やカビがありません。

これは、野菜の黒い斑点が腐敗し、すぐに腐敗を引き起こす可能性があるためです。

一方、しわの寄った肌やしおれた葉は、野菜が古いことを示しています。

新鮮な野菜を選ぶときは、野菜の茎を確認することを忘れないでください。その理由は、収穫したての野菜はやや茶色です。

2.野菜のにおいがする

色だけでなく、香りから新鮮な野菜を選ぶことができます。新鮮な農産物も新鮮な香りがするはずです。

たとえば、キャベツは新鮮な状態で購入すると刺激臭がします。この野菜の特徴的な匂いは、キャベツが古くなるにつれて強くなります。

野菜の匂いは、パッケージで覆われているカビや腐敗を検出するのにも役立ちます。

それだけでなく、農薬を散布した野菜は、放出された化学物質の匂いで区別できる場合があります。

3.質感を感じる

最後に、野菜の食感にも注意することが重要です。

野菜の表面に触れて表面の食感を感じることで、新鮮な野菜の選び方ができます。

野菜は商品の種類によって食感が異なります。

ピーマンとキュウリは、歯ごたえがなく、しっかりとした食感です。一方、フレッシュトマトとマッシュルームは、触ると歯ごたえがあります。

野菜がどろどろしていると感じたら、新鮮ではなくなっている可能性があります。

新鮮な野菜を選ぶことが重要なのはなぜですか?

ほとんどの新鮮な野菜は、成熟する前に収穫されます。これにより、市場のベンダーに配布されたときに野菜が完全に熟すことができます。

この方法はまた、野菜にビタミン、ミネラル、抗酸化物質などの栄養成分を発達させるための少しの時間を与えます。

冷凍野菜と比較すると、新鮮なタイプはより多くの栄養素を含んでいます。

その理由は、冷凍製品の栄養成分は、1年以上保管すると損傷する可能性があるためです。

それだけでなく、プロセス ブランチング つまり、冷凍する前に野菜を沸騰したお湯に入れると、水溶性の栄養素を取り除くことができます。

たとえば、以前はたくさんあった野菜のビタミンBとビタミンCは、消えるまで減らすことができます。

新鮮な野菜のメリット

基本的に、新鮮な野菜は体の健康に良い栄養です。ほとんどの野菜は脂肪、塩分、糖分が少ないですが、食物繊維が豊富です。

バランスの取れた栄養ニーズを達成するには、食事に野菜を含める必要があります。もちろん、これは健康的でアクティブなライフスタイルと組み合わせる必要があります。

新鮮な野菜を摂取することで得られるメリットのいくつかを次に示します。

  • 理想的な体重を維持します。
  • 肥満のリスクを軽減します。
  • 高コレステロールと血圧を下げます。
  • 糖尿病、脳卒中、ガンなどのさまざまな病気を予防します。

したがって、新鮮な野菜を選ぶ良い方法を適用することが重要です。

新鮮な野菜の利点は冷凍野菜よりも優れていますが、もちろん、適切に保管した場合にのみ、その良さを最大化することができます。

野菜を新鮮に保つためのヒント

食品の栄養、味、色、食感を維持するためには、新鮮な野菜を冷たく湿らせて保管する必要があります。

野菜を保存する際に、その利点を維持するために考慮すべきことがいくつかあります。

  • 野菜はビニール袋や冷蔵庫に入れて湿度を上げてください。
  • でんぷんが砂糖に変わるため、味に影響を与える可能性があるため、ジャガイモやカボチャの冷蔵は避けてください。涼しい室温で保管してください。
  • やわらかい肌に打撲傷やシミがある場合は、保存する前に野菜を選び、廃棄してください。
  • ガス放出野菜をガスに敏感な野菜から分離します。
  • 野菜を洗い、よく水気を切ってから保管してください。
  • 冷凍したい野菜を保存する 冷凍庫 -18°Cで。
  • 乾燥した野菜を密閉容器に入れ、涼しく乾燥した場所に置きます。

新鮮な野菜は無数の健康上の利点を提供します。

それでも、新鮮な野菜の選び方は恣意的ではありません。また、野菜の良さを保つためには、野菜をきちんと保管する必要があります。