筋骨格系の健康

ライター症候群:定義、原因および治療

ライター症候群の定義

ライター症候群とは何ですか?

ライター症候群または反応性関節炎は、腸、生殖器、尿路など、体の他の部分の感染によって引き起こされる腫れを伴う関節痛です。

一般的に、この病気は脊椎の関節と仙腸関節領域を攻撃します。仙腸関節領域は、骨盤に付着する脊椎の領域です。

さらに、炎症は足の関節にも発生し、目、皮膚、または尿道に影響を与える可能性があります。場合によっては、この病気は結膜炎、尿路、腸、腎臓などのいくつかの臓器に損傷を与える可能性があります。

この状態はどのくらい一般的ですか?

ライター症候群は、リウマチや変形性関節症ほど一般的ではないタイプの関節炎です。

ワシントン大学が管理している健康ウェブサイトによると、この症候群は20歳から40歳までの白人男性によく見られます。それでも、この病気は女性、子供、そして高齢者にも影響を与える可能性があります。