健康的な生活

金属に触れたときの静電気ショックを防ぐための4つのヒント

手すりやドアノブのいずれかで金属に触れたときに、小さな衝撃的な刺し傷を感じたことはありますか?まだ慌てる必要はありません。これは静電気の通常の影響です。二度と経験しないように、静電気による感電死を防ぐためにこれらのヒントに従ってください。

電流のない物体に触れると、なぜ感電死するのですか?

人体が導体であるか、電気を伝導していることをご存知ですか?

はい、この能力は、脳にさまざまな信号を送る神経系に役立つことがわかりました。

電気を使うと、体は心拍のリズム、概日リズム(体の体内時計)、血液循環を制御することもできます。

また、身の回りの物体は、直接電気を得る電子機器ではありませんが、電荷も含んでいます。

ゴム製またはプラスチック製の履物を使用し、木の床やカーペットをこすると、電荷が移動する可能性があります。

木やカーペットなどの物体は、電荷を放出する傾向がある絶縁体です。ゴムやプラスチックは過剰な電荷に対応できますが。

したがって、2つの物体の間に摩擦があると、踏んだ表面からの電荷が履物に移動します。

さて、体は導体なので、足からの電荷は手のひらを含む体のすべての部分に流れます。

これが、ドアノブ、手すり、車のドア、または鉄などの金属製の他の物体を持っているときに感電死することがよくある理由です。

金属材料は、体内からの電荷が金属を通ってすばやく流れるように、より優れた導体です。

その結果、感電死のような効果を感じます。このイベントは、静電気の伝導として知られています。

幸いなことに、静電気によって感電死するリスクは、コンセント、電子機器、またはその他の電源から流れる感電ほど危険ではありません。

静電気ショックを防ぐためのヒント

たとえ危険でなくても、静電気を無視できるわけではありません。

ひどい場合、静電気はあなたに衝撃を与え、事故を引き起こす可能性があります。

感電死すると、持っている物体を自然に解放したり、反射的に後方に移動したりして、転倒して何かにぶつかって怪我をする可能性があります。

これが起こらないように、静電感電死を防ぐ方法を知っていることが重要です。

ここにあなたが従うことができるいくつかのヒントがあります。

1.加湿器を使用する

バーミンガム大学によると、周囲の空気が乾燥すると、体に蓄積される静電荷が増加します。

これにより、金属物体に触れたときに小さな感電のリスクが高まる可能性があります。

水は電気を通すことができる導体でもありますが、乾燥した空気の水分含有量は少なくなります。

したがって、他の物体からの電荷は直接空気中に移動するのではなく、体内に蓄積されます。

したがって、感電死を防ぐために、空気を湿らせておくことができます。室内で加湿器を使用して、空気が乾燥しないようにすることができます。

ただし、加湿器を使用する場合は、清潔さに注意する必要があります。

バクテリアやカビに汚染された汚れた空気を放出しないように、このツールを定期的に清掃してください。

2.靴底の低い靴を履く

靴底が厚いほど、蓄積される電荷​​が大きくなります。金属に触れると、静電気ショックのリスクがさらに大きくなります。

静電気による衝撃を防ぐために、靴底の薄い靴を選択してください。

靴底がゴムやプラスチックではなく、革底の靴を選ぶこともできます。

革の靴底は、電荷を集める傾向があるゴムやプラスチックよりもはるかに優れていると考えられており、感電死しやすくなっています。

そのため、一部の企業は、危険な感電による事故を避けるために、労働者に特別な靴の使用を指示しています。

3.歩き方を改善する

ソールの素材や厚みだけでなく、歩き方も静電気による感電の危険があります。

厚底の靴を履いて歩くと、電荷が増加します。

その結果、近くの物体、特に金属の物体に触れると、静電気によって感電死する可能性が高くなります。

したがって、静電気による感電死を防ぐため、歩行時に足を引きずらないようにしてください。

4.保湿剤を使用します

なぜ加湿器を使用することが静電ショックを防ぐ方法なのか疑問に思われるかもしれません。

はい、乾燥肌は乾燥空気と同じ効果があり、静電気ショックのリスクを高める可能性があります。

皮膚保湿剤をできるだけ頻繁に使用することは、体表面への静電気の蓄積を低減または排除しながら、乾燥肌を防ぐ方法になります。

静電感電死を防ぐ方法はたくさんあります。ただし、すべてがすべての人に役立つわけではありません。

だから、あなたにとって最も適切な方法を見つけるために一つずつ試してみるのは決して痛いことではありません。

感電した場合は、すぐに電源を切って応急処置を行ってください。

電気は身体にも電気を伝導する可能性があるため、感電死した人や近すぎる人には触れないでください。