健康

ラム酒は古代からアルコール飲料です•

作り方によって、お酒やお酒にはいろいろな種類があります。あなたはビール、アラック、ワイン、ウイスキー、またはウォッカに精通しているかもしれません。ラム酒はどうですか?ラム酒の作り方から体への影響まで、ラム酒についてもっと学びましょう。

ラム酒はサトウキビの発酵飲料です

ラム酒はサトウキビ蒸留からのアルコール飲料、すなわち糖蜜です。インドネシアでは、濃い黒い液体の形の糖蜜は糖蜜と呼ばれています。

ラム酒は何千年もの間存在していたと考えられています。糖蜜の蒸留プロセスは、17世紀にフィンランドのカリブ海のサトウキビ農園労働者によって最初に行われたという歴史があります。

当初、糖蜜は廃棄物と見なされていたため、このサトウキビの副産物は単に海に投棄されていました。しかし、プランテーションの労働者は、糖蜜がアルコール飲料に変わるまで、糖蜜を発酵させるのを楽しんでいました。

飲み物の発酵糖蜜は世界中で広く生産されています。ラム酒は直接飲むだけでなく、さまざまな種類の食べ物や飲み物の混合物としても使用できます。カクテル、アイスクリーム、ケーキから始まります。

ラム酒を作るプロセス

ラム酒を作るために使用される基本的な成分は、糖蜜、水、酵母です。 3つは大きな木製の樽の中で一緒に混合され、発酵されます。

酵母はプロウムに含まれているため、菌類は砂糖を食べてアルコール、熱、二酸化炭素を生成します。さらに、酵母は化学反応を引き起こして、アルデヒド、エステル、酸などの化合物を生成します。これらの3つの化合物は、豊かで強いラム酒の風味を生み出します。

一般的に、ラム酒の独特の味は、発酵に使用される酵母の種類、蒸留の方法、発酵にかかる時間の長さ、および混合物に使用される成分によって決定されます。他の汚染細菌も生成するのにより長い時間が与えられるので、長くて遅い発酵プロセスは、より厚く、より酸性のラム酒を生成します。

通常、この発酵プロセスには24ハムまたは2週間以上かかる場合があります。

ラム酒の種類

一般的に、ラム酒は多くの種類で構成されています。その中のアルコール含有量も各タイプによって異なります。

ただし、最も有名な種類のラム酒は、白いラム酒と黒い(暗い)ラム酒です。白いラム酒は黒いラム酒よりもアルコール含有量が少ない傾向があります。白いラム酒の香り、食感、味も黒いラム酒よりはるかに軽いです。

タイプに関係なく、黒と白の両方のラム酒を調理に使用できます。ベーキング、アイスクリーム、カクテルミキサーなど。

覚えておいて、その部分を見てください!

ラム酒はアルコール飲料ですので、賢く飲んでください。特にラム酒が食品加工の混合物として使用される場合。

他の種類のアルコール飲料と同様に、ラム酒は過剰に摂取すると健康に害を及ぼす可能性があります。アルコールが体に及ぼす実際の影響を完全に剥がした場合に発生する可能性のある健康上のリスクのいくつか:ラム酒のような心臓から腎臓への損傷は次のとおりです。

  • 胃と消化器系の問題
  • 肝臓と腎臓の損傷
  • 中枢神経系の損傷
  • 心臓の損傷